コメントありがとうございました。

    コメントいただいた皆様
    ありがとうございます。

    そして、今更のお返事
    大変申し訳ございません。

    6月から7月にかけ
    23日、25日、30日、2日と
    2週続けて金曜、日曜と新国立劇場に通っていたため、
    もろもろのしわ寄せがその他の日に集約され
    慌ただしい日々を送っておりました。

    そして、新国立劇場通いが終わるや否や
    こまつ座「イヌの仇討ち」や世田谷パブリックシアター「子午線の祀り」を観に行ってしまい
    (来週は歌舞伎座)
    ますます余裕の無い事態に。

    自業自得でございます。

    >〇母さま

    お久しぶりにお会いできて、ほんとに嬉しゅうございました。

    > よかったですね~。坂本さんがああいう役で主演に呼んでもらえるなんて、新鮮で感慨深かったです。

    そうなんです。
    どなたが呼んでくださったのでしょう。
    宮田さんでしょうか。
    制作の方でしょうか。
    それとも、事務所の努力でしょうか。
    いずれにしても、深く感謝したいと思います。

    何と言っても
    新国立劇場の小屋貸し作品ではなく、
    今年のラインナップの一つですからね。

    入場の列に並んでいたら、後ろに並んでいらっしゃる年配の女性と娘さんが
    「グッズはあるのかしら・・・」とお話されていたので、
    つい「グッズ、無いですよ」と言ってしまいました。
    突然割って入った私に変な目を向けるでもなく、
    素直に聞いてくださり
    さらに「プログラムはありますか?」と質問してくださったので、
    「プログラムはあります。でも、白黒ですよ。」
    「でも、安くて薄くて良いですよ!」等
    余計な情報もお伝えしてしまいました。

    前述の通り、今回は新国立劇場のラインナップ作品でしたので、
    お客さんの層がいつもと違っていたように感じました。

    FCチケットではなく
    チケットの裏に新国立劇場のマークがある方に
    坂本さんの演技がどう映ったのか聞いてみたい衝動にかられました。
    (私の感想は別記事で少し披露させていただきます。)

    記憶力についてはご同様
    ジョーが叫ぶ地名も
    なかなか憶えられず
    3回目でやっと憶えました。

    嗚呼、30年前の脳が欲しい。

    また、お会いできると良いですね。
    次は、横アリかな・・・


    >かこさま

    コメントありがとうございます。

    > こんばんは。トニー賞での歌唱は舞台通の友人にも好評でした。うたって踊る坂本昌行最高です!

    そうですか?
    嬉しい限りです。
    ニマニマしてしまいます。

    坂本さん
    「すごく緊張しました」と言っていましたが、
    いやいや
    とても軽やかで素敵でしたよね。
    ピアノを弾く手にも萌えました。

    > そして舞台、ぽんさんの「坂本くんはストレートプレイも絶対大丈夫だから!」との言葉通り、私の予想の遥か上をいっていました。

    あれ、そんこと言いましたっけ?
    あ・・・言った。

    そうでしょう?
    大丈夫でしょう!
    「君が人生の時」は坂本さんのストレートプレイ史上で
    一躍第2位に躍り出ました。(もちろん私の勝手なランキング)
    (1位はやっぱり「ノーマンズランド」)

    > 今回かなりの回数通ったのですが、最終日近くなってきたころには坂本くんも少し変わっていたんじゃないかと感じました。

    私もそう感じました。
    詳しくは感想で述べさせてただきます。

    「かなりの回数」とおっしゃっているということは
    かなりな回数なのですね。
    かこさまの坂本さんへの情熱
    敬服します。

    最近、ちょっと浮気しがちな私ですが、
    先日のトニー賞と今回の「君が人生の時」で
    ぐぐっと引き戻されました、
    坂本さんに。
    Date: 2017.07.17 Category: 君が人生の時  Comments (0) Trackbacks (0)

    1939年 この時代に生きていたら 私は何を感じたのだろう

    「君が人生の時」
    本日のマチネを観てまいりました。

    始まる前には、お久しぶりの
    本当にお久しぶりの〇さま、Sさま、同行のTさまと
    ランチおしゃべりも叶いました。

    席は最後列
    中央よりも下手寄り

    勉強不足で
    サローヤンの原作は読んでいません。
    予習はしない主義なので、事前情報も
    オフィシャルサイトや演劇情報サイトの細切れの内容のみ

    なのに、勝手に自分の中でジョーのイメージを創ってしまっていたようです。
    ただ座っていた時のジョーはほぼイメージ通りでしたが、
    喋り始めた途端
    「あれ?ジョーってこんなの?」と得も言われぬ違和感に襲われ、
    そのギャップを埋めるのに、思いのほか時間がかかりました。
    それは、坂本さんのせいでも、宮田さんのせいでもなく
    勝手にジョー像を創ってしまっていた自分のせいです。

    2幕が始まる頃には、
    「宮田さんと坂本さんが表現したかったことはこういうことか」
    ということが、受け止められるようになりました。

    公演中なので、物語の詳細に触れることは控えますが、
    心に残った言葉もいくつかありました。

    作品の世界観はじんわりと染みて来るようで、とても心地よく、
    良き劇場での時間でした。

    「私はだれでしょう」を拝見してすっかりファンになってしまった
    枝元萌さんもご出演だとパンフレットを読んで知った次第。

    木場勝巳さんはじめ実力派ぞろいの出演者の中で、ジョーを生きる坂本さんへの率直な感想は
    「もう一息!」
    しかし、この経験は宝になるのではないでしょうか。

    しかし、新国立劇場の椅子はなんであんなに硬いのですかね。
    500円でクッションを貸し出していました。
    ケチって借りなかったことを後悔しました。

    間口が広く、傾斜も程よいアーチ状の客席
    見やすい作りなのに、惜しい。

    そういえば、私とTさまの右隣のお二人
    休憩時間に出ていったまま
    戻ってきませんでした。
    FC席チケットだと思いますが・・・

    まあ、かまわないと思います。
    自分に合わないと思えば、無理して見続けなくても・・・。
    Date: 2017.06.23 Category: 君が人生の時  Comments (2) Trackbacks (0)

    盛りだくさんな6月

    第71回トニー賞
    堪能しました。

    現時点で、3回はリーピートしております。
    オープニングについては、最低10回はリピートしています。

    坂本さんと井上さんのオープニング
    生放送を見ていた時は、
    「こんな贅沢なことがほんとに実現したんだ・・・」
    と、夢見心地でした。

    夢に浸っている暇もなく、
    翌火曜日は「君が人生の時」の初日
    (私の初日はもう少し先)
    アルバム発売決定
    歌番組出演の情報も・・・
    なんだか受け止めきれないくらい
    幸せが押し寄せてくる

    しかし、幸せはタダじゃない

    そんな中、昨夜は
    シティボーイズand三木聡「仕事の前にシンナーを吸うな、(たったひとつのコント)」
    を観に行きました。

    平日3日間わずか5公演

    公演時間はわずか1時間(含むゲストの若手ライスさんのコントと終了後のおじさま方のおしゃべり)
    しかし、大満足

    前回のライブが今一つだっただけに、
    そのもやもやが一気に晴れました。

    お忙しい三木聡さんが演出・構成で再登板され、
    内容もこれまでの総まとめ的なものでしたので、
    息子は「これでほんとにラストライブになりそうな気がして、ちょっと寂しい」と言っていました。
    中学生のころから、シティボーイズを見続けてきた息子ですからね。

    WOWOWさんが入っていました。
    滅茶苦茶笑ってしまったので、
    WOWOWさんで私の変な笑い声が流れてしまったら、
    ごめんなさい。
    Date: 2017.06.14 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (0) Trackbacks (0)

    も~いくつ寝るとぉ トニー賞♪

    のんのん様

    コメントありがとうございます。
    お返事遅くなり申し訳ございません。

    もうちょっと若い頃は、朝5時に起きて、お弁当を作り
    その後にブログを更新して出勤
    なんてことが軽々できたのですが、
    近頃はギリギリまで布団の中で体力温存が
    朝の定番になりました。

    そんなわけで、自宅PCに向かえるのも
    お休みの日のみです。

    > 「もうすぐトニー賞 ♯2」を見た時にわずか数秒間だけど流れた坂本さんを見て、大変!前髪前髪!って思っちゃったけど、

    私は
    前髪の他に
    大変、眉毛!眉毛!
    大変、シャツの襟!シャツの襟!
    も、思いました。

    > 先ほどニューヨークからお届けする直前番組を見たのですが、坂本さんの一番好きなことをもっとたくさんやってもらいたいと心底思いました。

    ほんとうにそうですね。
    ご本人はアイドルの仕事も大切にしているので、
    バランス(比重?)も考えているのだと思います。
    一時はそれにイライラした私ですが、
    今はもうあきらめました。
    あきらめた
    と言うよりは
    「坂本さんの生き方、仕事の仕方なのだから
    坂本さんのやりたいように
    彼の意思決定と仕事ぶりを見守り、支えよう」
    という考えに切り替えました。

    達観
    と言えるほど、立派なものではありませんが、
    それに近づければと。
    修行中です。

    今回のNYSPでは、
    坂本さんの謙虚な性格が前面に出ましたね。

    以前なら「もっとガツガツしても・・・」とジリジリしたところですが、
    達観修行中の身としては、「謙虚、地道、それもまた真なり」の境地です。

    生放送では、井上さんと「ラ・ラ・ランド」の曲を歌って踊る・・・
    との情報も発表され、
    ますますテンションが上がっています。

    井上さんの硬質な声は苦手ですが、
    ご縁があって何本か舞台やコンサートで井上さんの歌を聴く機会に恵まれ
    苦手だった硬い声にもなぜか慣れてきました。

    坂本さんの柔らかい声が「劇場を暖かく包み込む」
    のだとすれば、
    井上さんの硬い声は「劇場の空気を振動させながら駆け巡る」
    といった感じでしょうか。

    二人の声は全く違う次元に存在するので、
    比較ができません。

    異次元共演となるトニー賞生放送。
    質の違う声がうまく溶け合うのか・・・という若干の不安もありつつ
    しかしお二人ともプロなので、お任せしましょう
    という境地で、
    遠足の日を待つ子どものように
    ドキドキしながら
    あと3つ寝ます。
    Date: 2017.06.09 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (0) Trackbacks (0)

    二つのニューヨーク旅

    今回はスポンサーサイトが出る前に更新できました。

    「トニー賞 直前SP」がいよいよ明日に迫り、
    ワクワクが止まらない状態です。
    「トニー賞がやってくる!#2」を観て
    「この坂本さんの目の輝き、どこかで見たことがあるような・・・」
    という既視感に襲われ
    記憶をたどってみましたところ
    「フットルース」再演時に出演した
    NHKの番組「真夜中の王国」の時
    クッションを抱いて
    ミュージカルへの愛を語っていた
    あの時の坂本さんの目の輝きでした。

    「真夜中の王国」の坂本さん
    私にとっては相当印象に残っているらしく
    このブログでも繰り返し触れています。
    ご興味ある方はこちら

    それにしても
    ニューヨークの坂本さん
    メイクさんやスタイリストさんは付いてないのかしら?

    そして、今日はお休みでしたので、
    先週録画したNHK BSの番組「佐野元春ニューヨーク旅 Not Yet Free」を観ました。

    若い頃
    佐野さんのファンクラブに入ってました。
    佐野さんがニューヨークに住んでいる時期に
    NHKFMで、ニューヨークから佐野さんが最新の音楽を紹介するっていうのがあって
    それを毎週聴いてました。
    ラジオから流れてくる音楽。
    当時は新しすぎて
    良くわからなかったんですけどね。
    佐野さんの声が好きだったから、
    声を聞きたくて、ラジオのスイッチを入れていました。
    帰国されてからは、コンサートにも良く足を運びました。

    結婚とか、子育てとか
    もろもろのあわただしさに
    いつの間にかファンクラブの更新もせずに
    ご無沙汰していましたが、
    アルバムが出たりするとそれなりに
    チェックはしていました。
    あくまでもそれなりに
    くまなく聴いていたわけではないです。

    この番組で、久しぶりに佐野さんにお目にかかり
    「声・・・変わらないな」と胸に込み上げてくるものがありました。

    メロディアスな曲より、ポエムとビートに傾いていく佐野さんが
    ちょっと重く感じる時期もありましたが、
    この番組で、今のニューヨークの空気と
    佐野さんの追い求めている表現方法が
    ものの見事に溶け込んでいるように見えて、
    依然感じていた「重さ」が払しょくされました。

    驚いたことに
    佐野さんがライブのためにニューヨークを訪れた時期と
    坂本さんがブロードウェイレポートのためにニューヨークを訪れていた時期
    重なっていたようです。

    私の好きな人が奇くも同時期に同じ街に・・・
    勝手に縁を感じた私でございました。
    Date: 2017.06.02 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (1) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード